実現もそう遠くない、ナーヴギア

E3でその可能性を魅せたナーヴギア

この見本市で最も注目を集めたといっても過言ではないOculus Riftだが、このバーチャルリアリティを体感することが出来る開発である作品の世界を楽しむことが出来る。それが先に紹介したソードアート・オンラインというモノだ。この話では近未来の世界が舞台となって、ある特殊なVRマシンを使用することで物語が展開されている。この作品で登場するのが現実の世界でもいつしか開発される事が心待ちとなっている、VRマシン『ナーヴギア』だ。そしてそのナーヴギアの如く、仮想現実を体感できるのが先に紹介したOculus Riftだ。

先の見本市でも公開されたが、それから1ヵ月後に開催された『ANIME EXPO2014』においてもこのOculus Riftが公開されたが、この時に体験することが出来たのはまさしくソードアート・オンラインの世界へとダイブしているかのような、凄い事が出来ていたというのだ。海を越えた先でそんないち早く、ソードーアート・オンラインのような体験が出来たというのか、というのは日本としては少々残念なところではある。1つ付け加えておくと、まだまだ開発途中の技術であるためVR技術が確立されたわけではなく、あくまで視覚的な疑似体験といったものになる。干渉する事はまだまだ実用段階として達していないため、今後は技術的にどのように体系化すれば実現するかが今後話し合われるべきところだろう。

さて、ここではそんなVRマシンとしてソードアート・オンラインにも登場する『ナーヴギア』、その第一歩としてOculus Riftが開発されているわけだが、将来的にこのナーヴギアを開発したいと考えている人もいると思う。ただこのナーヴギアと呼ばれるものを開発するにはそれこそ乗り越えることが出来るのだろうかという、そんな問題がある。実現できるのか否か、そうしたことも含めて将来的なバーチャルリアリティを人間が体感できるかを考察してみよう。

ソーシャルゲームをたのしむ

仮想現実という世界がもたらす利益

ナーヴギアと呼ばれるVRフルダイブマシンを開発することによって、もちろんMMORPGをそのまま現実の世界動揺に体感することが出来るシステムとなっているが、その利用方法はほんの一端でしかなく、最も現実的な使用方法として挙げられているものもある。その例として、『医療』・『教育』・『娯楽』という三つの分野だ。三つめの娯楽はオンラインゲームを体感することが出来るという点で良いとして、先に紹介した医療と教育において仮想現実という新たな可能性をどのように活用して行くのかというのは想像できない人もいると思う。

そうした可能性を、ソードアート・オンラインを読んでナーヴギアを開発したいと、そう感じている人は多いという。その中の一人は真剣に考えて大学でも必要な技術を学ぶために進学し、現在は起業して来る事態を迎えるために準備しているという、そうしたもはや二次元を三次元へと持ち込もうと考えている研究者は少なくない、現にあのガンダムさえ等身大を作ってしまったという恐ろしい事例を考えれば、ナーヴギアも現実的に開発できる可能性は十分にありえるからだ。

ではナーヴギアを開発した場合、どうして医療と教育の現場でその技術が役立つのかについて、専門家の意見をまとめつつ紹介していこう。

ゲームたのしいよ

ナーヴギアの秘めた可能性

1:医療の現場にて
医療の現場でナーヴギアが開発されることによって、現実の世界で自分の思うとおりに動くことが出来ない体でも、仮想現実へとダイブすれば今まで以上に動いたり、走ったりすることが出来る感覚を楽しめるようになる。例え身体が動かなくなっても、脳が機能している限り、仮想現実で人として最期の時まで誰の手を煩わせる事無く過ごせる可能性も出てくる。健康でなければ満足に動かすことが出来ない人の肉体は脆い、その脆さを乗り越えることが出来るとして仮想現実への可能性を見出すことが出来る。
2:教育の現場において
教育面で仮想現実が役立つという点、それはただ机に座ってノートに必要なことをまとめるだけの、そんな座学だけでは得られないものを学べるとして可能性を示すことが出来る。これには実際に言葉と紙の中でしか語られない事象を仮想現実において体験することにより、深い知識を身につけられると考えられている。

開発されれば喉から手が出るほど欲しいものだろう

単純に話しているが、こうした機器を開発するとなれば当然莫大な資金が必要となる。それも年間にすれば間違いなく億を超えた資金と、傑作された技術が結集しなければこのような機械は誕生までにこぎつけられない。技術については順当に踏んでいかなければならないが、資金についてはある方面から大きな支援を受けられるだろう。その存在とは軍だ。世界各地の軍事関係者からすれば、仮想現実という現実ではない世界が確立されるようなことになれば、間違いなく軍事利用することに価値があると考える。それこそ秘密裏に、他国に知られてはならない国家機密を行うことも容易くなる。

そうなる逆に世界のバランスに影響を与えてしまって、平和という均衡が今でさえぐらついているというのに、仮想現実なるものによってさらなる機密が高まれば不信感を招き、世界大戦へと発展するという可能性も考えられる。その点についても考えなければならないが、もしも本格的に開発できるようになれば様々な分野で活用されるようになり、人間は現実という世界を脱ぎ捨てることも可能となれれば良いと考えている人もいるかもしれない。

人気のゲーム
そろそろマイホームを…とご検討中の皆様へ。八千代市の新築一戸建はいかがですか?心地よい開放的なプランと便利な周辺環境に恵まれたCasa緑が丘は都心へもアクセスしやすい八千代緑が丘から徒歩15分です。